【日記】対魔忍RPGX その174「キツネの恩返し 結果:レイド」

対魔忍RPGX
対魔忍RPGX

良かったな・・・ブリジット・・・
回想1も今までに比べればまだましさ!


今回のイベントでの目標は以下の通りでした。
・ブリジット×5       500  480  465
・SRミニチケット×15    75     75    75
・神秘の至宝×4       440    400  320
・HR以上確定ガチャチケ   0    0  150
・プレミアムガチャチケ×3   0   60  60
・対魔石×10         0   30  50
・金塊大×50           0      0  100
・原初の至宝×4        0      0    24
今回は自発魔界級が2回でてくれてかなり稼げました。
ブリジットは落ちなかったので、結果は以下に

【穢れ身の背徳】ブリジット 結果

アイテム交換は上記アイテム+回復薬+アイスです。
上級を適当にブン回ししてチケットを全部超上級に変換してやりました。
効率的には良いのか悪いのか。
少なくともプレイ時間は一気に少なくなりました。
なんだかんだでレイドを何回もやるっていうのは手間ですしね。
まあそれ以上にイベントアーカイブのミッションとか言うふざけたものがあるんですけどね!
12個のイベントを周回とかきつすぎぃ!
まあ初級ブン回しでもいいんですけど。

さて、エピローグ。
花蓮の力は相手を凍らせ、凍らせた相手の力を吸い取るというエナドレ系。
やはりサキュバスでござったか・・・
花蓮の力で凍らせるのあっさり砕かれ、きららが攻撃するもジャンプで避けられと、相性が非常に悪い状態です。

ちゃんと参戦しに来てくれたか

そこに現れるブリジット。
辺り一面を凍らせてくれたらやっつけられると言います。
花蓮は先の震えていたブリジットを見て懐疑的になりますが、ふうま君がブリジットの容姿と狐火を使うことができるという事から、やろうとしていることを瞬時に理解します。
そしてブリジットに協力しようとして花蓮に可能か問いますが、能力としての範囲が狭い花蓮ではそこまではできません。
そうすると、きららが周囲を冷気で満たせばもっと広い範囲を凍らせられるはずと花蓮と協力してあたりを氷のリンクへと変えました。

妖狐としての力

妖狐としての力を解放したブリジット。
元々氷雪地帯に住んでいるため、この状態でもなれた動きで走り回ります。
そして操縦席に狐火を出し、襲いかかると操縦席にいたギャングは気絶。
無事捕獲に成功しました。
アイリーンによってデータは消去。
しかし疑問が残るのはこの機体。
炎王のメンテナンスを行っていたとはいえ、ごみ同然の部品を使っただけの性能ではないと。
まあそりゃそうですよね。
車のメンテナンスをするだけ人が一からスーパーカーを作ることができるわけではありませんし。
アイリーンが魔界の技術がつかわれていることに気付き、操縦していたギャングから情報を引き出そうとしますが、飛んできた杭によって始末さえてしまいます。

メイジャー立ち絵は久々やんけ

現れたのはメイジャー。
最近バットの女とか名前とかばっかりで立ち絵は久々です。
しかも新規ですし。
なんか顔色良くなった?
もうちょい土気色していたイメージなんですけど。
邂逅もそこそこに、鋲を打ち出したと思ったら煙幕で逃げられてしまいました。
う~ん、あっさり。

いきなり重い!

妖狐と知っていたことに驚くブリジット。
結構知られていたんだと話しますが、きららがまるで我が事のようにふうま君の知識量がすごいんだと胸を張ります。
花蓮も普段本を読んでいるのはサボっているだけではなかったのねと感心され、ブリジットからは純粋に尊敬されて過大評価過ぎるけどまあいいかと受け入れます。
ここで否定しないのがふうまイズム。
女の子の前ではいい格好したいよね。
私だったら速攻で過大評価過ぎるとバリア張りますけど。
ブリジットはふうま君たちに感謝されてとても喜び、生涯尽くさせてと超絶重い発言をします。
でもこれってあれですよね、犬の忠義みたいな感覚ってことでいいんですよね。
ふうま君的にこれ以上小動物を連れ帰ったらまずいとさすがに断ります。
まあね・・・人間も含めば若さくら・クリア・ヤタガラスの子ども、そして時折リリムとミナサキもいるみたいですし。
・・・なんか逆に今更じゃない?と思わないでもないですけど。
ふうま君はいっそのこと獣王会の世話になればどうかと提案します。
気のいい奴らだし、ボスとは知り合いだからと。
しかし、ブリジットとしてはこの辺にはいられなけど組織に入るのはと少し微妙な顔。
でも獣人に会っては見たいし行ってみると早速その場を離れました。
場所も聞かずに。

反省できるだけまだましな方です

大丈夫かよとふうま君が不安に思っていると、花蓮がまともすぎる発言を。
まさか対魔忍でそれをちゃんと謝ってくれるなんて・・・と謎の感銘を受けちゃいましたよ。
ふうま君はそれがあったからブリジットの助力も得られたし、助けることもできたのだから必要な心ですと返します。
それを聞いて花蓮が何故遊撃部隊の隊長になったのかわかったというと、対抗するようにきららが私はずっと前からわかっていたと花蓮を煽ります。
きららのふうま君好きっぷりが半端ない。
最近出番もやたらと多いですし。
今のところヒロインレースではゆきかぜと並んでいるのではなかろうか。
次点で蛇子・アスカかな?
時子? 時子はよく霊圧が消えるから。

スポンサーリンク
あすたあをフォローする
エロを楽しみたい!

コメント