【感想・攻略】対蟲聖戦姫 フラワロイド 〜プロローグ〜、第1章 サークル名:曇烏

感想・攻略



1作品につき500円。
懐かしのフラッシュゲームみたいです。
今回はプロローグと第1章二つともプレイしました。

本日ご紹介させていただきますのは曇烏様作の対蟲聖戦姫 フラワロイドです。
全4章予定で、現在プロローグと1章を配信されております。

●ストーリー
異形として「蟲」が存在する世界。
基本的に触れることも見ることもできないそれは、繁殖を行う際にのみあらわれる。
しかし、普段見えないことと、退治手段が特殊な力を持つ存在が穢れを吸収して浄化するという方法がないために世間には公表されずに、裏で退治組織ができていた。
そして主人公が通う生徒会もそれを担っており、一般人である主人公はそんなことを知らずに、生徒会長と付き合っていた。
というところから物語が始まります。
基本的に分岐はなく、間違えた選択肢を選択するとドラクエのはいいいえみたいなことになるのがほとんどです。
例外として会話ショートカットがあるくらいでしょうか。
まあ変な選択肢を選ばなければ大丈夫です。
ちなみに生徒会長は顔はいまいちだけど身体がエロいという認識の設定です。
ぶたれて感じるようになれば自然とぶひっていっちゃいます。
世界を守ってい側がゲスいので、主人公の復讐行為も割と受け入れられます。
ゲス副会長

●システム
基本は読み進めるADV形式で、残念ながら音がありません。
そしてエロシーンでの操作ですが、二つのパターンがあります。
まず、よくあるおさわり系の様に自分の手で触るか、道具を使うか、蟲を使うかなどのもの。
挿入はプロローグの和姦の時のみかな?
蟲は入れることができますが、主人公は直接犯さないみたいです。
後、この操作は非常にテンポが悪いです。
何をするか選択し、部位を選択すると、ほとんど同じ反応が返ってきます。
違うのは射精機能を持つ行為の時のみ、一定回数で射精したりします。
また、快楽が上限に達するといく反応を見ることができます。
が、このコマンドを選択するための切り替えが遅い・行為動作も遅い・早送り不可能となっている上に最低限の回数行わないと次にいけないのでちょっとだるく感じます。
もうちょい反応差があるか、スキップボタンで動作倍速とかあれば違ったのでしょうけど、惜しい。

もう一つのエロ操作は○○を動かしてくださいなどの一択選択場面。
規定場所をクリックするのですが、一回だけならまだしも、腰を振る動作を何度も動かすことになったりとちょっとしつこく感じるかも。
一度動かしたら後は自動で良かったんじゃないかな?って感じです。
この動作のもっさり感は500円の限界かな? と思うと個人的には許せます。

●エロシーン
調教的要素が大きいです。
まず、プロローグ。
こちらはほとんど主人公の彼女である生徒会長の快楽尋問です。
アサギなみに改造されていくさまを見ることができます。
第1章は生徒会長の調教後の全校生徒を巻き込んだ失墜の策略による生徒の便器化と第一の目標である赤髪生真面目少女花恋の籠絡です。
前半は輪姦(飲尿・踏みつけ要素有り)、後半は蟲姦が主です。
エロエロボディ・臭い描写等、非常にエロいですので、シチュエーションが嵌ればたまらないと思います。
凌辱臭い

しかし、システムのところでも記載しましたが、意味のないクリックや自分操作での調教のテンポが悪いです。
さらに音がないのが痛い。
音があってもう少し臨場感が出ていればもっとエロくなっていたのにもったいないと思ってしまいます。
まあ500円なのでそこは目をつぶることはできますが、フリーのものでも使えなかったのかなぁ。
なまじ出来がいいために惜しく感じます。

●総評
個人的にはあたりの作品で、次回も買い確です。
汚れ・臭い描写がいい。
控えめに言って好き。
後はSEだけでもいいので音を付けてほしいです。
それだけでもっとおすすめできるのですけどね。
500円以下だからある程度はプレイする側も妥協が必要といった感じですね。
 

●攻略順など

基本読み進めていけばいいです。
しいて言うのであれば、すべてを見終わればエッチシーンをリトライできるようになりますので、抜こうと思わない限りはサクサク次に進めることをお勧めします。
ちなみに起点は耳です(これはその時になればわかります)。
微妙に範囲が狭くなっているので、ヒントを見ないと気づかなかったので一応載せました。

 

スポンサーリンク
あすたあをフォローする
エロを楽しみたい!

コメント