【感想・攻略】鈍感勇者とセクハラし放題の女騎士 サークル名:ニトオワ

感想・攻略


放っておいてもセクハラされそう(小並感)。
こういう作者さんがやりたいって思っているものを詰め込んだ作品って不思議な魅力がありますよね。
大好き。


本日ご紹介させていただきますのはニトオワ様作の「鈍感勇者とセクハラし放題の女騎士」です。

●ストーリー
DLサイトより引用—————————————————————————

人類史上最強の女騎士レイナは、勇者とともに魔王を倒したものの、
触られたら抵抗できない『セクハラし放題』の呪いをかけられてしまう。
どんな雑魚相手でも、一瞬の隙を突かれれば全てを奪われてしまう。
呪いの解呪と、世界を救うために再び戦いに挑むが……。

———————————————————————————————

鈍感勇者クラインと最強の女騎士レイナが魔王を倒すところから始まります。
オープニングを見るだけでわかる色ぼけっぷりの元男嫌いのレイナ。
レイナは開始2秒でかなりの残念臭がします。
世界を救う事よりも勇者とキスがしたいセックスがしたいとのたまっている為、魔王に呪いをかけられるといった感じ。
セクハラし放題の呪いは胸を触られると動けず抵抗できなくなるというもので、勇者は玲奈がセクハラされると動けなくなる呪いにかけられます。
呪いを説くクリスタルでは呪いが解けないため、そのおおもとの親クリスタルを探し、討伐ができていなかった魔王軍司令を倒すために無法地帯である街イラルダーへ向かうことになりました。
と、ここまでのあらすじで分かるとおり基本バカゲーです。
ただ、全部ばかやってるわけではなく、むしろノリで済まさないところはしっかり知っている印象があります。
主人公そこはさすがに気付けよって部分はきっちり気づいて対策したりしますし、怪しすぎるのに信じすぎっていうのも少ないです。
個人的には馬鹿成分は不愉快にならない程度という印象です。
間男は部隊街にあるギルドの長であるバルド。
もう一人が海を拠点にしているギルドナンバー2のチャラ男です。
後はおまけに盗賊などがいます。

レベルの概念がある世界チャラ男脅し

●システム
購入画面にものってありますが、基本的に戦闘はなく、途中までは攻撃のみであっさり勝つことができます。
雑魚敵は体当たりで蹴散らすことができます。
お金が手に入りますが、使い道はほぼありません。
中盤に入って雑魚敵とも通常戦闘で戦うときがありますが、この時も負けてもそんなにペナルティがあるわけではないので、ゲームオーバーになることはほぼないでしょう。
出来ない訳ではないですが。
後は淫乱度と好感度がありますが、こちらはおまけ程度と思ってもいいでしょう。
淫乱度はクラインとの宿エッチ一回目以外で低いのが条件のものがありませんし、エンディングにも響かないのでガンガンあげていきましょう。
好感度はルートに入るのに必要ですが、意識しなくても簡単に調整できます。
回想は一度見れば解放で、クリア後に全開放可能。
エンディング後の周回はありませんが、セーブデータを残すと他のセーブで回想が共有化されます。
なので分岐ごとにセーブデータを作ってクリアすれば自力解放は一応可能です。
条件も常に回想部屋で確認できるので、ユーザーフレンドリーですね。

淫乱度を上げる花には宝まだあわてる時じゃあない

●エロシーン
バルド・チャラ男ともに命令を聞かなくてはいけない状況になり、エッチシーンになります。
どちらも段階堕ちです。
元々呪いの効果で抵抗できないのもありますが、ダンジョンにある花の影響でレイナは心身ともにエロくなっていきます。
元々エロい身体で、すぐに感じてしまうような体質ではありますが、意外にも心が落ちるのにはかなり時間がかかります。
間男二人とも快楽責めではありますが、バルドはとりあえず強引な快楽責め調教による奴隷化、チャラ男は背徳感と露出を絡めた調教によるセフレ化となっております。
序盤から快楽に取りつかれはしますが、どちらにも共通しているのは心が落ちていくさまがかなりじっくりなこと。
38シーン中15がバルド、11がチャラ男で落ちるまでをかなりじっくりと描いてます。
心まで奪われていくさまがじっくりなNTRが好きな人にはたまらんね。
ディープキスが多かったのも個人的には高ポイント。
個人的にはアヤのシーンも別に欲しかったかも。
ちなみにクリア後におまけの触手とIFルートの2シーンが追加でありますので、実質40シーンですね。

だんだんと堕ちていくレイナ微アニメーション

●総評
NTRとして大満足な作品です。
正直シーン数とかに対して価格がかなりお安めに設定されていると思います。
ストレスに感じる所は特になく、しいて言うのであれば最後の洞窟の落とし穴のシーンですかね。
好感度が逆転している状況でNTR完全回避するにはちょっと面倒でした。
一応ルートは下に載せてあります。
シーンによっては絵のクオリティにばらつきはありますが、やりたいことをやろうとしているって感じがすごい好き。
NTRゲームプレイしてて自分だったらこうする、こういう機能を付けるっていうのをやっている印象を受けます。
なるべく面倒にならないようにいろいろ工夫してますね。
これが処女作ということで、多分次回作も出していただけるのであれば購入すると思います。

●攻略順など
一応回想は全開放できますので、全ENDをたどる為の分岐とそれまでの簡単な流れを載せておきます。
ある程度は回想回収も書いておきますが、一回のプレイで全部は回収できませんのでご容赦。
オープニング後すぐに止まってセックスするとクライン回収できます。
その後、南にある海の洞窟をクリアしていきます。
※青い魔方陣はすべて一回踏んで往復しておくこと。
※ボスを倒したらギルドで救援要請を全て受託してイベントは回収しておくこと。
リヴァイアサン討伐後、ニーズヘッグの手前まで進めますが、ニーズヘッグイベント中は自由に動き回れない上に時限イベントです。
淫乱度50以上でクライン・検問所とイベントが進めることができます。
すべての花を集めてイベントを見ているとおそらく検問所イベントと合わせて淫乱度が73くらいになっているかと思います。
検問所は2の淫乱度を稼ぐことができますが、この時点では最大75にしかなりません。
つまり、盗賊100とレベル1での魔方陣は同時にできません。
自力で全部回収する場合はここでセーブですね。
ニーズヘッグを倒してアヤと話しましょう。尚、初期装備系は外して倒してもなくなります。
ここでアイテムを大量に買いこんでおくと楽です。
というかここでしかお金の使い道がありません。
盗賊を倒しているのであれば教会前にアジトに行くとイベントありです。
ここからは敗北すると回想を回収できますので、重複しない回数を記載していきます。
その後は教会への道のりでキノコの前に二回敗北して先に進みます。
ミノタウロスを倒せばミラクルアップをくれますので、それで強くなってもいいです。
どのみち自爆できますし。
能力的には敏捷以外はレイナの方が高いですのでお好み位なるかとは思いますが、魔法はクラインに任せても良いかと思います。
ただ、ラストバトルの時に手札を増やしたいのであればレイラを中心に覚えさせてもいいでしょう。
クラインは多芸ですので。
尚、キノコを倒す時にレイラが戦闘不能ならここで強制的にゲームオーバーです。
わざと負けて回復しておきましょう。
単純に一人歩きできないからですね。
テントのシーンは夜と朝の二回花をつめますので忘れずに。
2日目は一回敗北でいいです。
敵が強ければ戻ってミノタウロスを狩るといいです。
といってもオーガも負けたらバルドが倒してくれるので問題ないんですけどね。
3日目は2回敗北。
道中の近道にある桜花乱舞を覚えておくと最終戦が非常に楽になります。
そしてそのまま教会へ行き、イベントクリア。
レベルが元に戻ります。
ここから分岐が可能ですが、海の洞窟へ行き、触手に捕まりまくります。
好感度は気にしなくてもいいです。
むしろバルドの方が高いと楽です。
進めた後、落とし穴ゾーンがありますが、ここで1回落ちるとバルドの口説きイベントが発生すると思うので、その後にセーブ(おちた場所によっては発生しない?)。
出来れば落とし穴ゾーンを抜ける手前でセーブしましょう。
一応地図のせておきます→ルート
もう一回落ちたらバルドルートに行き、そのまま進むとバルドルート回避です。
バルドルートを回避してそのまま進めばクラインエンド。
一回戻ってチャラ男を相手にすればチャラ男エンドとなります。
ラストバトルについて、装備はきっちり西強にしておきましょう。
ファフニールが二回攻撃、英雄の剣が魔法力アップです。
クラインは特技で二回攻撃ができるようになるので、一番最初に装備していた英雄の剣がやっぱりいいでしょうね。
最後はまともに戦わないとやられますので、二回攻撃からの桜花乱舞と魔法を連打するといいでしょう。

スポンサーリンク
あすたあをフォローする
エロを楽しみたい!

コメント